日本卵子バンクでは卵子ドナーを募集しています。

ドナー登録はこちらから

卵子ドナー用語集

早発卵巣不全

卵巣の中の卵子が40歳よりも前にほとんどなくなってしまい、排卵が起こらなくなった状態。
血中FSHが高値となり、AMHはゼロに近くなります。

着床障害

受精卵が子宮内膜に着床できない症状で、着床段階に障害があることです。

プロラクチン

脳下垂体にある前葉から出るホルモンで、一般的に乳汁分泌ホルモンと呼ばれる。
プロラクチン値が高いと排卵がストップし、高プロラクチン血症になると不妊の原因となると言われている。

チョコレート嚢胞

子宮内膜症の一つで、卵巣に病巣を形成した子宮内膜症が進むと、卵巣内に嚢胞を形成します。この嚢胞内に主として月経の時に出血を繰り返すことにより、内腔に古い血液がたまったものが子宮内膜症性卵巣嚢胞、すなわち、チョコレート嚢胞です。

LH (黄体形成ホルモン)

卵胞の成熟、排卵、黄体形成を促進するホルモン。

AMH(抗ミューラー管ホルモン)

アンチミューラリアンホルモン(または抗ミュラー管ホルモン)の略で、発育過程にある卵胞から分泌されるホルモンです。その値は、卵巣内にどれくらいの卵の数が残っているかを反映すると考えられ、卵巣年齢がわかります。AMHの値は胞状卵胞数を予測しているだけで、卵子の質を予測しているわけではありません。

カウフマン療法

卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)を投与し、低温期と高温期の二相を人為的に作る療法。
排卵せず、卵巣を休ませる事で卵巣機能の回復を図る。

OHSS(卵巣過剰刺激症候群)

OHSS(卵巣過剰刺激症候群)とは、排卵誘発によって卵巣が膨れ、腹水、胸水が溜まる合併症状を引き起こし、その結果、循環血液量の減少および血液濃縮が起こります。症状が酷くなると、入院することがあります。

カンジタ膣炎

体内に常在する常在菌が元で発症する。膣に感染したカンジタ菌が、体力が落ちているときや抗生物質の服用によって抵抗力が落ちている時に増殖し、かゆみを伴っう症状を発症する。

胚盤胞

受精からはおよそ5~6日目、卵割を繰り返した受精卵の最初の仕組み。

TO TOP