日本卵子バンクでは卵子ドナーを募集しています。

ドナー登録はこちらから

卵子ドナー用語集

FSH

卵胞刺激ホルモン。
下垂体から分泌されるホルモンで、卵巣に作用し、卵胞の発育を促します。

機能性不妊

不妊症の検査で異常が内にもかかわらず、原因不明で妊娠に至らない事をいう

調節卵巣刺激法

調節卵巣刺激法とは、体外受精において治療の成功率を高めるため、卵胞の発育を見ながら排卵誘発剤を計画的に使用し、採卵をベストな状態で行う方法です。

hCG

ヒト絨毛性ゴナドトロピン(Human Chorionic Gonadotropin)。
受胎してすぐに胎児の栄養膜で作られるホルモンで、妊娠を維持していく働きや、成熟した卵胞を排卵させる働きがある。

卵管(らんかん)

輸卵管(ゆらんかん)とも呼ばれる、卵巣と子宮を結ぶ管。

着床

受精した胚が細胞分裂を繰り返しながら移動し、子宮内膜に定着する事。
着床すると妊娠が成立となる。

無排卵症

排卵がない状態。
排卵がなくても月経が来る人もいる。

クラミジア感染症

性行為によって感染し、不妊の原因になる場合もある。
採血しクラミジア抗体があるかどうかで、過去に感染した事が有るかどうかを調べる事ができる。(抗体検査)

子宮筋腫

子宮筋腫とは、子宮の壁にある平滑筋という筋肉の筋肉層にできた良性の腫瘍で、平滑筋の細胞が異常に増殖したものです。

卵巣機能低下

脳の視床下部や下垂体から命令が出ているにもかかわらず、卵胞が大きくならなったり卵胞がない等、卵巣が反応しない状態。

TO TOP