日本卵子バンクでは卵子ドナーを募集しています。

ドナー登録はこちらから

卵子ドナー用語集

ショートプロトコール法

ショート法とも呼ばれる、排卵の誘発方法の一つです。他の誘発方法よりも比較的薬の量を抑えられ、必要期間も短めとなります。

腹腔鏡検査

腹部に小さな穴を2,3か所開け、腹腔鏡を入れて検査を行う。
内診では分からない卵管や、卵巣の様子が確認できる。

HIV

Human Immunodeficiency Virus(ヒト免疫不全ウイルス)のことを指し、Tリンパ球やマクロファージ(CD4陽性細胞)などに感染するウイルスです。この感染により発症した病気の状態のことを「エイズ」と呼びます。

フーナーテスト

不妊の原因を探るためのテストのひとつです。フーナーテストを行うことで「精子の運動性」と「子宮頸管粘液と精液の相性」を調べることができます。排卵の直前に性交渉を持ち、その後に病院にて検査を行います。

性染色体

染色体のうち性別を決定するもの。X染色体、Y染色体と表記される。XXの組み合わせで女性に。XYの組み合わせで男性になる。

抗リン脂質抗体 (APA)

不育症の検査の一つとして行われている。
自己免疫異常の一つで、抗リン脂質抗体があると、流産や胎児の発育遅延の原因と考えられている。

Piezo-ICSI (ピエゾ-ICSI)

従来のICSIと異なり、微細な振動により卵子の透明帯を破って受精させる方法です。

卵子凍結

卵巣から卵子を採取し、凍結して保存することを卵子凍結と呼びます。
将来の妊娠に備えての卵子凍結もありますが、通常不妊治療においては卵子を精子と受精させた後に、受精卵を凍結保存します。

顕微鏡下手術

顕微鏡を使用し行う手術。(マイクロサージェリー)
女性の卵管形成手術、男性の精路債権手術等がこの方法で行われる。

ART(アート)

生殖補助技術、すなわち体外受精や顕微授精など、高度不妊治療の事を指す

TO TOP