日本卵子バンクでは卵子ドナーを募集しています。

ドナー登録はこちらから

卵子ドナー用語集

ロキタンスキー症候群

先天的に女性の腟が欠損し、機能性子宮を持たない疾患で、卵巣と外陰は正常に発生しますが、先天的に子宮や膣の異常がさまざまな程度に見られます。発症頻度は、5000人に一人の割合でおこるといわれています。

淋病(淋菌感染症)

淋菌への感染により起こる感染症であり、性病に認定されている。
淋は「淋しい」という意味ではなく、雨の林の中で木々の葉からポタポタと雨がしたたり落ちるイメージを表現したものである。淋菌性尿道炎は尿道の強い炎症のために、尿道内腔が狭くなり痛みと同時に尿の勢いが低下する。その時の排尿がポタポタとしか出ないので、この表現が病名として使用されたものと思われる。

AMH(アンチミューラリアンホルモン)

発育途中に卵胞の周りにある細胞から分泌されているホルモンのことで、AMHホルモン値を測ると、卵巣年齢がある程度分かると考えられています。この検査により、卵巣内にどれくらいの卵の数が残っているかが分かります。検査方法は血液検査です。

ふりかけ受精

採取された卵子と新鮮精液をシャーレの中に入れ、自然に受精させる方法。

子宮鏡検査

子宮鏡検査とは子宮の内部を内視鏡で調べる検査です。 原理は胃カメラなどと同じく頚管部、体部、両側卵管口を確認し、内腔にポリープ、筋腫などの異物がないか、内腔の形態異常がないか、 月経周期に合った子宮内膜の状態かなどを観察します。

ターナー症候群

ターナー症候群とは、染色体異常の一つで、正常女性の性染色体がXXの2本なのに対し、X染色体が1本しかないことによって発生する一連の症候群のこと。
卵巣が機能しておらず、無月経であるため、自身での妊娠は不可能。卵子の提供を受けることで妊娠・出産は可能になる。

卵巣

卵巣とは、卵子を蓄えるための女性特有の臓器で、男性の精巣と対になるものである。 また、卵巣は様々な腫瘍ができやすい臓器ともいわれている。

排卵障害

排卵が遅かったり、排卵が起こらない事。女性側に原因のある不妊の原因は、40%が排卵障害によるものと言われている。

フラグメント

受精卵の分割が進む過程で出来る、遺伝子の入っていない細胞質の断片のことで、気泡の様に見える。受精卵は、フラグメントが無い、もしくは少ないものの方が良い。

クルーガ―テスト

精子の形態について調べる検査。
検査結果は体外受精の授精率とよく相関するという報告がある。

TO TOP