日本卵子バンクでは卵子ドナーを募集しています。

ドナー登録はこちらから

卵子ドナー用語集

卵巣凍結保存

卵巣凍結保存は治療法は、がん患者などの卵巣の機能を低下させる薬剤が投与される患者に対して行う新しい治療法。病気の治療を始める前にあらかじめ卵巣を摘出し、凍結して保存しておく。病気の治療が終わり、病気を克服したのちに凍結しておいた卵巣を融解して元の体内に移植し、卵巣の機能を再度回復させることを目的としている。この治療法により、2004年に初めての出産例が報告され、2009年12月までに世界各地で11人の出産例が報されている。

STD(sexually transmitted diseases)

セックス、キス、オーラルセックスなどいろいろな性行為によって感染する性感染症のこと。
性については活動的だが、日本人ほど性感染症に対して無防備な国民はなく、先進国でHIVが増加し、HIV感染者の実数も把握できないのが日本の現状とも言われているようです。

乳腺腺維線種

乳腺の分泌腺が増殖するタイプ(管内型)と乳腺周囲の間質が増殖するタイプ(管周囲型)、あるいは両者が混在しているものとがあります。思春期以降に発症することが多いので、卵巣ホルモンが何らかの発症原因になっていると考えられます。思春期に小さな線維腺腫が形成され、次第に増大して20歳前後にはっきりと触れる腫瘤として自覚されることが多いようです。

TRH検査

潜在性高プロラクチン血症を検出する検査。
下垂体から甲状腺刺激ホルモンの分泌を刺激するTRHが乳汁分泌ホルモン(プロラクチン)の分泌も促進するこを利用した検査。

子宮卵管造影(HSG)

子宮口から造影剤を注入して、X線撮影により卵管の疎通性を調べる検査。
子宮の形態異常や子宮頸管の形状、骨盤内の癒着の状態もわかる。

ピックアップ障害

卵巣から排卵された卵子を、卵管采がうまく捕捉できずに、卵管内に取り込めない状態。

IMSI(イムジー)

卵子に精子を授精させる前に、超高倍率(約6000倍の倍率)で精子を観察することで、細部に異常のある精子を避けより正常な精子を選別することができる方法。

精子無力症

精子無力症では精子の質が低下し、男性側の要因による不妊症あるいは受精率の低下の主要な原因の1つである。

葉酸

葉酸はビタミンB群の水溶性ビタミンで、葉物をはじめとする緑黄色野菜、豆類、レバーなどに多く含まれます。細胞分裂に不可欠で、「血をつくるビタミン」とも言われる大切な栄養素であり、妊娠中の摂取量は通常の倍とされています。なお、悪性貧血や妊娠中毒症の改善にも効果があると言われている。

ロキタンスキー症候群

先天的に女性の腟が欠損し、機能性子宮を持たない疾患で、卵巣と外陰は正常に発生しますが、先天的に子宮や膣の異常がさまざまな程度に見られます。発症頻度は、5000人に一人の割合でおこるといわれています。

TO TOP