日本卵子バンクでは卵子ドナーを募集しています。

ドナー登録はこちらから

卵子ドナー用語集

クラミジア

日本国内ではHPVに次いで、女性の感染者数が多い性感染症。はじめのうち無自覚である場合が多いが、放っておくと劇症化したり不妊や子宮外妊娠の原因になったりする。治療はパートナーと同時に行わなければならない。治療すれば完治させる事ができる。

一般的な生理周期

月経周期には個人差があるものの、24日以下又は39日以上だった場合、ホルモンバランスの乱れや無排卵の可能性が考えられます。
月に2回生理がくる、2カ月に1回しか生理が来ないという場合には、一度婦人科で相談してみるといいですね。

抗酸化食品

ココアや緑茶に含まれるフラボノイドや、ブルーベリーやぶどう等に含まれるアントシアニン、大豆のイソフラボンなどの抗酸化物質を摂取することは女性の体にとても大切です

子宮って?

子宮とは西洋ナシを逆さまにしたような形をしていて、上の部屋と下の部屋に分かれています。
上の部屋:子宮体部
下の部屋:子宮頸部又は子宮頸管
子宮体部は妊娠前はニワトリの卵位の小さな空間で、重さは40g程度ですが、出産までに3000gの胎児と羊水が入るサイズまで大きくなります。
非常に伸縮率に優れた臓器です

眠れない人の3ステップ

1.朝は光を浴びる
睡眠リズムの乱れは、体内時計の乱れから
時刻合わせのポイントになるのが、目覚めた時の朝の光!朝起きたら、カーテンを開けて、数分間窓の近くで過ごすのGood

2.昼は15分のうたた寝
眠り足りないときは、仮眠でしのぐのも一つの方法です。昼休みを利用して、15分程度の仮眠であれば、効果があります。
夕方の仮眠は夜の眠りを妨げるので×

3.夜は画面を見ない
深夜のテレビやメール、スマホの画面は神経を高ぶらせ、脳を興奮させて寝つきが悪くなる原因になります。
自然な眠気には、脳に2-3時間のクールダウンが必要です。

葉酸

葉酸はタンパク質、アミノ酸、遺伝子の構成要素である、核酸の合成に必須の栄養です。
欧米の女性の間では、将来の妊娠に備えて葉酸を摂取することが常識になっているそうです。
しかし、必要量を食品だけで取る事は難しいので、サプリメントも上手に使いたいですね。

良質の油脂

女性の体にとって重要なホルモンや、細胞膜、各種の伝達物質は、脂から作られています。
良質はホルモンを作る為には、良質な油脂が必要とされています。
油脂にはいろいろな種類がありますが、オススメはシソ油や青魚に含まれるDHAやEAPなどのオメガ3系の脂です。
オリーブオイルや菜種油なども女性ホルモンに良い油脂ですよ。

高齢出産って何歳から?

医学的には、35歳以上で初めて出産する人を高齢初産として区別します。
統計的に35歳を境に妊孕性(妊娠力)が低下し、染色体異常、流産、分娩時のトラブルが増える為です。

相互転座

染色体異常の中で、一番多い染色体異常。
染色体の一部がほかの染色体の一部と入れ替わっていること。600人に1人ぐらいの割合で見られる。

一生の生理の回数

12-13歳で初潮を迎え、もし1度も妊娠をせずに毎月生理を迎えた場合、一人の女性が一生で経験する生理の回数は約450回。

2 / 1412345...最後 »
TO TOP