日本卵子バンクでは卵子ドナーを募集しています。

ドナー登録はこちらから

『本当に感謝しています。』というお言葉をいただいた時、人の為になれたのだと感じました

エッグ・ドナーを体験して  Iさんより

エッグドナー。まだ日本ではマイナーな子供を授かるための一手段。

その言葉を耳にしても、なかなかピンとは来ないと思います。私も初めはその中の一人でした。

エッグドーネーションそのものの存在は不妊治療を行っていた知人から聞いたことはありました。

『この国(日本)ではそれほど行われていないけれど、そういった方法もあるのだ。』と。

エッグドナーに登録したきっかけは?

正直言いますと、それを聞いた時には、「自分の卵子を他の人の精子と受精させ、更に他の人の卵巣に移す」などという一連の流れに違和感を感じており ました。しかしその違和感は、子供を授かろうと健気に努力する知人の姿を見つめることによってどんどん消えていきました。知人はエッグドーネーションとい う方法は取らなかったものの、何としても子供を産みたいという強い信念がありました。

私には出産経験がありません。しかし、一人の女として愛する人の子供を自分で産みたいという願いは至極当然であり、とても強いものなのだと痛感しました。今思い返せばそれがエッグ・ドナーに登録したきっかけだと思います。

実際にドナーに登録し、協力して欲しいというお話を頂いた時、自分でも不妊治療を頑張る方の力になれるのかと思い、とても嬉しかったです。
それと同時に、実際に自分が役に立てるという実感はあまりありませんでした。おかしな話かもしれませんが、LAの地に着いてさえそれは漠然としたものでし た。それよりも『もし、上手くいかなくてレシピアントの方に迷惑をかけたらどうしよう』という不安の方が大きかったのが事実です。

しかし、会社の方からの万全のフォローと様々なお言葉をかけてくださったことが、人の役に立っているという実感と不安の軽減になり、滞在中は本当に良い時間を過ごせました。

不妊の方の助けになれたのだなぁとしみじみと実感

ですが、やはり本当に私が人の為になれたのだと感じたのは、会社の方を通してレシピアントの方から『本当に感謝しています。』というお言葉をいただいた時でした。その時に本当に悩んでいた不妊の方の助けになれたのだなぁとしみじみと実感しました。

社会や人の為に何かしたいという思いは多かれ少なかれ人間の根底にある感情だと思います。ですが実際にそれを行動に移す人はその中でも限られています。自分がそう いった人間になれたという達成感、自分のやったことで人に喜んでもらえたという充実感、それを体験出来たことは今でもとても貴重だと思っています。もし も、同じ気持ちで足踏みをしている方がいたら是非ともドナー登録していただきたいです。きっと自分の中で何かが変わると思います。

TO TOP