日本卵子バンクでは卵子ドナーを募集しています。

ドナー登録はこちらから

依頼されたご夫婦にコウノトリが訪れることを願うばかりです

ご夫婦にコウノトリが訪れることを願うばかりです Aさんより

私も長い不妊治療の末に今年ようやく待望の我が子を授かりました

今回、初めてドナーとして参加させて頂きました。

私自身も10代で結婚をしてから約10年間、子供を授かることができず
長い不妊治療の末に今年ようやく待望の我が子を授かりました。
私たち夫婦の不妊の原因は主人の重度の男性不妊でした。
不妊治療を開始した当時は私の年齢もまだ20歳だったので
タイミング法から入り卵管造影や検査で何も問題がなかったので気楽に考えていました。

しかし、不妊治療開始から約5年以上「着床」の兆しすら一切なく焦り始めました。
その頃からネットで不妊について検索ばかりするようになりました。
原因不明の不妊は理由がわかっているものよりも
妊娠しづらいとネットなどで記載されているのをたくさん目にしました。
そして色々検索した結果、私自身も体外受精をしても授かれなかったら
絶対に卵子提供をお願いしようと考えていました。

それから不妊治療専門で評判が良い病院に転院し、
人工授精を試みて初めて男性不妊が発覚しました。
重度の男性不妊で人工授精での妊娠率は絶望的だったので
すぐに人工授精は諦め体外受精の顕微授精に進みました。
私たちの場合は私の年齢が20代と若かったのと卵子の状態がとても良好だったため
幸運にも1回の施術で我が子を授かることが出来ました。

もし当時の私と同じように悩んでいる方の力になれればと思い

不妊治療を経て出産をし、我が子をあやしている時にふと脳裏によぎったのが卵子提供のことでした。
私も授かれなかった時は絶対に依頼しようと思っていたので、もし当時の私と同じように悩んでいる方の力になれればと思い応募しました。

ただ実際にご依頼が来たときは、まだ子供も生後7ヶ月だったのでお受けしようかとても悩みましたが少しでもご夫婦の助けになればと参加しました。

最初は「初めての海外」「子供のこと」など不安でいっぱいでした。
ですが、渡航先ではコーディネーターの方も在住の日本人の方で
採卵の流れや生活全般のことなど全てサポートして頂き不安は一気に吹き飛びました。

帰国日まで数日あったので観光を楽しみました

採卵当日は全身麻酔を行うのが人生初で緊張しましたが
すぐに効いたらしく気付いた時にはすでに控え室にいました。
いつの間に採卵が行われたのかと思うほど本当にあっという間の出来事でした。
私の場合、採卵後は全く痛みもなく帰国日まで数日あったので観光を楽しみました。

誰かの役にたてたという達成感

ドナーとして役割を終えた今は依頼されたご夫婦にコウノトリが訪れることを願うばかりです。
こんな私でも誰かの役にたてたという達成感とこのような貴重な体験をさせて頂きとても感謝しています。
不妊治療の最後の望みとして多くの依頼者様が卵子提供に挑んでいるはずです。

ぜひ卵子提供ドナーに登録しようか悩んでいる1人でも多くの方にドナー登録して頂きたいです。

TO TOP