日本卵子バンクでは卵子ドナーを募集しています。

ドナー登録はこちらから

banner

卵子ドナー(エッグドナー)ボランティアとは

卵子ドナーボランティアは、不妊に悩むご夫妻がお子様を授かるための重要な役割を担っています。長年の不妊治療で苦しんでこられた方、生まれながらの先天的な卵巣機能不全や、早期閉経により赤ちゃんを授かれない方、卵巣がんで卵巣を摘出された方。世の中には、様々な理由で、ご自身では赤ちゃんを授かれない方がいます。

幸せな家庭を築いて、愛する人の赤ちゃんをこの手に抱きたい。 それは、女性として、自然な、そして切実な願いです。これまでは、病気などの事情により、ご自身での妊娠が叶わない場合は、赤ちゃんを諦めざるを得ませんでした。 しかし、今の医療技術では、そのような方々も、赤ちゃんを授かることが可能になりました。 それが、ドナーによる卵子提供です。

不妊に悩むご夫妻が赤ちゃんを授かるために、ぜひあなたの力を貸してください。

卵子提供を行う上での安全対策

卵子ドナーにお願いしたいのは、体外受精における採卵へのご協力です。 体外受精とは、女性の卵巣から卵子を採取し、男性から採取した精子と体外で受精させ、できた受精卵(胚)を子宮内に戻し妊娠を試みる方法です。

卵子提供を希望される方は、ご自身の卵巣からの卵子採取が行えません。そのため、卵子ドナーの方に、体外受精の一部である卵子採取を受けて頂き、受精卵を作るための治療にご協力頂きます。

卵子採取を行うまでには、ピルによる月経サイクルの調整、排卵を誘発する為のホルモン剤が投与されます。また、卵子採取を行う際には、麻酔が使用されます。投薬による一時的な副作用がでる方もいらっしゃいますが、長期的なリスクは無いと報告されています。 採卵までの治療は、専門医による綿密な診察を重ねた上で、お薬やメディカル・リスクに関する詳細な説明を重ねた上で行われ、安全には万全の対策がとられております。

TO TOP